ほうれい線を消すには

舌を使った筋肉体操

2016年01月20日 22時06分

年齢と共にどんどん顔がたるんできてしまい、次々オススメといわれるコスメを使用しては、落胆するということを繰り返していました。
また、美顔器も購入しては、少しの効果しかなく、続けて使用することに飽きてしまっていました。
あるとき、テレビの番組で『ブルドッグ顔を変身させる』という運動が特集されていました。
それは、舌を動かして顔を鍛えるということです。
具体的には、歯と唇の間に舌をいれて舌を回すという運動です。
①最初に上の歯と唇の間に舌をいれる。
②右の頬の裏を舐めるように舌を動かす。
③下の歯と唇の間に舐めるように舌動かす。
④左の頬の裏を舐めるように舌を動かす。
⑤①の位置まで舐めるように戻す。
要するに上の歯と唇の間に舌を入れて舌をぐるりと一周させるのです。
それを10回行い、次に反対回しを10回行うという運動です。それを一日何クールが続けます。
初めて行ったとき、舌の付け根が痛くなかなか10回続けられませんでした。特に反対回しは、特に痛かったです。
きっと顔のゆがみがあったのかもしれません。
それを毎日、少しずつ根気よく続けていくと、段々回数を増やしていけるようになってきたのです。
そして、気になっていたほうれい線も少しずつ気にならなくなってきました。
自分流のアレンジとしては、少し目線を上に持っていき、この運動を行うとアゴもすっきりしたように思います。
どこででも出来るのがよかったのかもしれません。
今まででは、一番効果があった方法です。